成田・長谷川法律事務所の弁護士費用について

弁護士費用とは

弁護士費用には、大きく分けて『法律相談料』『着手金・報酬金』『タイムチャージ』『顧問料』『実費』があります。

 

法律相談料とは

法律相談の際にお支払いいただく費用です。

ただし、事件としての受任を前提とする法律相談については、法律相談料はいただきません。

個人:30分 5000円〜1万円(税別)

事業者・法人:30分 1万円〜2万円(税別)

 

着手金・報酬金とは

着手金は、事件の依頼をお受けした際にお支払いいただく費用です。

報酬金は、事件終了の際に、事件の依頼が成功となった程度に応じてお支払いいただく費用です。


1)一般民事事件の場合
 

事件の経済的利益の大きさをもとに算出します。

経済的利益とは、着手金の場合には請求額もしくは請求されている額のことを、報酬の場合には認容額(裁判上認められた額)もしくは棄却額(裁判上請求を免れた額)のことをいいます。


経済的利益の額
着手金(税別)
報酬金(税別)
125万円以下の場合
10万円
20万円
300万円以下の場合
8%
16%

300万円を超え3000万円以下の場合

5%+9万円
10%+18万円
3000万円を超える場合
3%+69万円
6%+138万円

 

 ※事件の内容等により30%の範囲内で増減額させていただくことがあります。

 ※調停ないし示談交渉の場合には2/3に減額させていただくことがあります。

 ※示談交渉から引き続いて調停、もしくは調停から引き続いて訴訟の依頼をお受けした場合には上記金額の1/2の

  着手金をあらためてお支払いいただきます。


2)離婚事件の場合
 

交渉・調停事件の場合:着手金・報酬金それぞれ30万円〜50万円(税別)

訴訟事件の場合:着手金・報酬金それぞれ50〜70万円(税別)

 ※財産分与・慰謝料請求等を伴う場合には、一般民事事件の場合の基準に従う金額を加算させていただくことがあ

  ります。


3)債務整理・破産事件の場合
 

任意整理(個人):20万円〜(税別)

任意整理(事業者・法人):50万円〜(税別)

破産・民事事件(個人):30万円〜(税別)

破産・民事事件(事業者・法人):50万円〜(税別)

 ※任意整理の場合、別途、報酬金をいただく場合があります。


4)刑事事件・少年事件の場合
 
着手金(税別)
報酬金(税別)

起訴前・家庭裁判所送致前

20〜50万円
不起訴
20〜50万円
略式命令
15〜40万円
起訴後・家庭裁判所送致後
20〜50万円
執行猶予・保護観察
20〜50万円
刑が減軽等された場合
15〜40万円

 

タイムチャージとは

タイムチャージとは、交渉や契約書の作成・添削のほか、法律意見書の作成等のために、弁護士(経験年数等によって基礎額は異なります)が法律事務に要した時間に応じてお支払いいただく費用です。

 

顧問料とは

個人・事業者・法人の皆様に対して継続的に一定の法律事務を提供することに対してお支払いいただく費用です。

顧問業務の範囲とする法律事務の内容は顧問料の多寡等により異なります。

 1ヶ月 3万円〜(税別)

 

実費とは

実費とは、印紙・郵券代や通信費・交通費等、事件の処理のために必要な費用です。

原則として事件を受任する際に概算額をお預かりし、事件終了時に精算させていただきます。

 

具体例


Q1)弁護士に事件の依頼をすべきかどうか迷っています
 

弁護士対応の要否を含め、ご相談ください。事件として受任することとなれば法律相談料はいただきません。

1回の法律相談限りで終了となれば、個人の方の場合には30分:5000円〜1万円(税別)、事業者・法人の場合には30分:1万円〜2万円(税別)の範囲で法律相談料をいただきます。


Q2)240万円の支払いを請求したいのですが
 

・調停ないし示談交渉として事件の依頼をお受けする場合には着手金として12万8000円(±30%)をお支払いいただきます。

・調停ないし示談交渉を経てから訴訟提起する場合には着手金として9万6000円(±30%)をお支払いいただきます。

・調停ないし示談交渉を経ることなく訴訟提起する場合には着手金として19万2000円(±30%)をお支払いいただきます。

・調停ないし示談交渉で例えば180万円を回収した場合には報酬金として19万2000円(±30%)をいただきます。

・訴訟で請求認容(全面勝訴)となった場合には報酬金として38万4000円(±30%)をいただきます。

・訴訟で一部請求認容(例えば120万円の支払いを命じる判決)となった場合には報酬金として20万円(±30%)をいただきます。


Q3)2000万円の支払いを請求する裁判を起こされてしまいました
 

・着手金として109万円(±30%)をお支払いいただければ代理人として訴訟対応します。

 

・請求棄却(全面勝訴)となった場合には報酬金として218万円(±30%)をいただきます。

・一部請求棄却(例えば1000万円を支払わなければならないとの判決)となった場合には報酬金として118万円(±30%)をいただきます。

 

 Copyright (C) 2008 narita-hasegawa law office All Rights Reserved.